2週間以上かかる口内炎の痛みは要注意

口内炎は、よく生活習慣が原因で起こりやすいと言われていますが、
口内炎の痛みは命には関わらないけど、相当苦痛です!

口内炎は、口の中を噛んでしまったりすることで出来やすいので、
くちびるの周辺や、頬の辺りが多いと思います。
しかし、赤く膨れあがり、舌がつくと非常に痛いので、
食欲がなくなってしまう人も多いと思います。
口内炎が痛くて食欲不振になり、体重が痩せてしまったという人もいます。
しかし、口内炎で何よりも痛い場所というのは、
やはり私は舌の付け根だと思います。
舌のツケ根に出来てしまうと、食事はもちろんのことですが、
通常の会話もままならない痛さになってきます。

人間は舌を動かして話をしているので、
まず人と話をするだけで、激痛が走ります。
何をやっても痛みが鋭く、食事も人と話すことも全部が嫌になってきます。
舌のツケ根に口内炎が出来てしまった時は、まさにこの世の地獄です。

ビタミンCやBのサプリメントをしっかり摂って、
バランスの良い食事と生活環境を整えましょう。
それでも改善しない場合、口内炎は、
実は他の病気のサインになっている可能性があります。
口内炎が2週間以上治らない場合は、
病院に一度行って診察をしてもらう方が良いと言われています。