その痛みは『知覚過敏』か『虫歯』か?

よく「歯がしみる」っていうことがありますが、知覚過敏なのか、
虫歯なのかよくわからないことが多いと思います。
そんな時に、私が歯医者さんから聞いた見極め方が、『熱い飲み物でしみるか』です。

冷たい物を飲んだ時に、ちょっと歯がしみるのは
知覚過敏の可能性もありますが、熱い飲み物を飲んだ時に、
歯がしみてしまうのは、かなり悪い虫歯がある時だと聞きました。
普通の場合、歯は温かいものを飲んでも痛みを感じませんが、
神経の方までやられてしまっている虫歯の場合は、
熱いものを飲んだ時に、かなりの痛みを感じるようになるそうです。

もしも熱い飲物を飲んだ時に、痛みを感じる場合は、
すぐに歯医者に行ったほうが良いと思います。
冷たい物を飲んで痛みがある場合も、やはり歯医者に行ったほうがいいですが、
熱い物を飲んでしみた時の方が、
もっと歯の状態が悪いと思ったほうが良いみたいです。

歯の痛みが知覚過敏であれば、それはそれで良いですが、
やはりひどい虫歯で悪化していた場合は、
神経を抜いての治療になるので、相当痛いと思います。
何にしても、歯の痛みを感じたら、やはり早めに歯医者に行かないとダメですね。
虫歯になりやすい体質の人は、出来るだけ定期的にチェックをしてもらいましょう。