口臭の原因になる舌苔の悩み

「虫歯もないし、歯磨きもしている!」のに、
口臭がまだ気になる人って結構いると思います。

そういう人は、舌苔のクリーニングをお勧めします。
舌苔とは、舌のザラザラした所で、臭いの元が付きやすい場所です。
いくら歯を磨いても、舌苔についてしまった匂いは、
舌苔をクリーニングしないと、なかなか匂いが取れません。
舌苔用のブラシも今はスーパーなどで売っています。
普段使っている歯ブラシで磨いても構いません。

舌の表面の部分を軽くブラッシングして、
臭いを落とすのが口臭予防では非常に効果があります!
歯磨きをしてもなかなか口臭が減らないという人は、
舌苔のお掃除もした方がいいですね。

特にコーヒーや紅茶を飲む人は、舌苔に匂いが付きやすく、
口臭の原因になっていることが多いです。
男性の場合は、タバコを吸っている人だと、
舌苔にコーヒーやたばこの匂いがついてしまい、
かなりきつい口臭を放っている人が多くいます!

口臭は歯の匂いだけではなく、
舌の臭いもかなり影響してくるので、お手入れが重要です。
舌のお手入れを丁寧にやっていると、口臭がかなり改善されますので、
日頃からしっかりと舌苔も磨いておくと口臭が気にならなくなってきます。
たまには舌苔も綺麗に磨いておきましょう。