痛風はプリン体の多い食品に要注意

ビール、レバー、カツオ、エビ・・・。
これらの食品を好きな人は、食べ過ぎには要注意です。
なぜかというと、これらの食品は、プリン体が多く、
食べ過ぎていると痛風になる恐れが高いからです。

プリン体を食べ過ぎると、体内で作られる尿酸が多くなってしまい、
痛風になってしまいます。
痛風の予防や改善には、食事からプリン体を摂取するのを
少なくするのが一番効果的だと言われています。
そのため、ビールを止めた途端に、痛風が軽くなったという人もいます。

尿酸は体内にある程度は必要なので、普通に食事を摂取している分には、
問題がありません。
毎日ビールを飲む習慣がある人などが一番怖いと思います。
毎日過剰なプリン体の摂取をしていれば、それだけ痛風の可能性が高まります。
出来ればビールの毎日の晩酌の量を減らしたりするのがベストだと思います。

本格的に、痛風の痛みが出た場合は、ビールも完全に止めることになりますので、
痛くなる前に、日頃からビールの摂取量には気を付けましょう。
また、ビールのおつまみとして、レバーを食べている場合などは
更に痛風の可能性が高まりますので、要注意です。
おつまみも食べている人は、
出来るだけプリン体の少ない食品を選ぶようにしましょう。