家庭での止血の仕方

家事でちょっとした出血をした時、
パニックになってしまう人が結構います。
特に主婦の場合は、スライサーや包丁で、
指をカットしてしまうことがよくあると思います。
私も一回やったことがあるんですが、
これが結構深く切ってしまって、血が止まらなくなってしまうんです。

分厚いコットンを2,3枚重ねて、
直接圧迫をして1時間くらいでようやく血の量が落ち着きました。
血が出ているのが気になってしまい、
ちょくちょく傷口を見るために圧力を緩めてしまうと、
なかなか血が止まりません。

私は30分くらいで、一度見てしまったら、また血が出てしまい、
結果的に1時間くらい大量の血が出ました。
そしてガーゼやコットンで指を抑えると、創部とくっついてしまって、
剥がす時にまた出血してしまうことがあるので要注意です。
完全に血が止まった後に、綺麗に水で流して、
消毒をしてから絆創膏をつけておきました。

今は消毒液も染みないタイプのものが売っているので、
すごく便利ですよね~。
昔は消毒を塗る度に、痛くて痛くて、本当に嫌でした。
メンソレータムから出ている消毒液は、ちょっと高いですが、
全く染みないので、かなりお勧めです!

また、出血がひどい場合は、
創部を心臓よりも高い位置にするのも効果があります。