目の角膜修復

コンタクトレンズをしている人にとって、
爪というのは、角膜を傷つけてしまう凶器になります。
爪が長く伸びた状態で、コンタクトレンズのつけ外しをしていると、
目を傷つけてしまいます。

角膜に傷をつけてしまった場合は、
もう目を開けているのも辛いほどの激痛が襲います。
私も若い頃に、1,2度やったことがあります。
その度に、「もう爪は絶対に伸ばさない!」と心に決めるのですが、
やはりたまにやってしまうんですよね。
これが本当に悪循環だと思いました。

角膜をやってしまった場合は、痛みが尋常ではないので、眼科へ行きましょう。
処方される点眼薬をつけていれば、1週間程度で角膜の痛みが良くなります。
私も眼科の薬でかなり良くなりました。

しかし、ちょっとくらいの痛みであれば、市販の薬では、
サンテメディカルガードが一押しです。
角膜に痛みがある場合、市販で選ぶ点眼薬は
『角膜修復』と書かれた商品を選ぶのがポイントです。
目の疲れとか、ドライアイ用の点眼薬を使っても、全く意味がありません。

角膜修復用の点眼薬は、ちょっとお値段が高くなっているので、
行くとすぐにわかると思います。
もしも薬剤師がいるようでしたら、聞いてみると良いと思います。
角膜補修を助けてくれるので、治りが早くなります。