爪噛みは自傷行為の一つ

よく爪を噛む人っていますよね。
爪を噛み過ぎて、爪がほとんどない人もいます。
見た目にも、お行儀が悪いですし、子供だったら、
早めのうちの、直した方が良い癖だと思います。
でも、爪を噛むって、なかなか止めてくれない癖なんですよね。

爪噛みの悩みは、大人もあると思いますが、
一番心配になってしまうのは、やはり子供を持つ親だと思います。
ただ、爪を噛むというのは、単純に『癖』だと済ませることができません。

爪噛みは、自傷行為の一種で、
精神的に不安定な時に思わず出てしまう行動だそうです。
つまり子供がこの動作を多くするということは、
それだけ子供が心に悩みを抱えているというサインになっています。
寂しい気持ちや、不安な気持ち。
何が原因かはわかりませんが、子供は非常に不安定な状況です。

そんな時には、叱り飛ばすようなことはしてはいけないそうです。
じっくりと話を聞いてあげたり、
爪を噛む時に、声をかけてあげるようにすることで、
徐々に爪噛みの癖をなくしていくのが良いそうです。
お子さんが爪噛みを始めようとしたら、その時が声かけのチャンスです。
お行儀が悪いとかではなく、
まずは子供の不安を取り除いてあげることから始めるのが一番良いと思います。